【コスメ】化粧品の使用期限はどのくらい?それぞれのアイテムごとにご紹介します

メイク Beauty

こんにちは!竹花みさとです。

ほぼ毎日使用している化粧品ですが、なかなかなくならないものってありますよね。

「このアイテム、結構昔から使ってるけど使用期限は大丈夫なのかな…」と不安になることはありませんか?

今回は化粧品の使用期限についてご紹介していこうと思います。

化粧品の一般的な使用期限は?

コスメ

パッケージなどに記載がないので、化粧品はどのくらい使用できるのか分かりづらいですよね。

化粧品は「未開封」なのか、「開封済み」なのかによって使用期限が変わります。

未開封の場合

未開封の場合、使用期限はおよそ3年ほどとされています。

化粧品に限らず食品などもそうですが、開封されて外気に触れた瞬間から酸化が始まります。

そのため未開封の場合、外気に触れていないので使用期限が長いのです。

開封済みの場合

いったん開封してしまうと先述した通り酸化が始まるので、使用期限は短くなります。

目安としては、開封済みの場合およそ半年ほどで使い切ることが推奨されています。

外気に触れるだけでなく、手についた雑菌が化粧品の中で繁殖してしまう可能性もあります。

そのため、一度開封したらなるべく早めに使い切るに越したことはないでしょう。

アイテムごとに使用期限は違う?

化粧品

実はアイテムごとでも使用期限が変わってきます。

一般的にはパウダー状のものより、リキッド状のものなど水分を多く含むものは使用期限が短い傾向にあります。

開封後の大まかな使用期限をアイテムごとにまとめてみましたのでご覧ください。

ただし、使用期限内でも形状が変化していたり、少しでもおかしいなと感じたりした場合はすぐに使用を中止してください。

スキンケアアイテム 6か月以内

スキンケアアイテムは、開封後6か月以内を目安に使い切ることが推奨されています。

水分を多く含み、直接肌に触れるアイテムなので使用期限が短めです。

日焼け止め 6か月以内

日焼け止め開封後6か月以内に使い切るとよいでしょう。

日焼け止めは、化粧品の中でも酸化や成分の分離が進みやすいとされています。

シーズンごとに使い切ることができればより安心ですね。

ベースメイク 6か月~1年以内

ファンデーションは、リキッドタイプなのかパウダータイプなのかによって使用期限が変わります。

リキッドタイプは水分が多いので6か月以内パウダータイプ1年以内に使い切るとよいです。

また、化粧下地コンシーラーなどの肌に直接触れるベースメイクアイテムは6か月以内に使い切ることが推奨されています。

アイメイク 3ヶ月~1年以内

アイメイク用品の使用期限は以下の通りです。

マスカラ……3ヶ月以内
アイライナー(ペンシルタイプ)……1年以内
アイライナー(リキッドタイプ)……3ヶ月以内
アイシャドウ(クリームタイプ)……6ヶ月以内
アイシャドウ(パウダータイプ)……1年以内

目の周辺は顔の中でも特に敏感な部位ですので、雑菌が繁殖するとダメージを受けやすくなります。

長持ちするものが多いアイメイクアイテムですが、なるべく使用期限を守ってこまめに断捨離するようにしましょう。

チーク 6か月~2年以内

チークの種類ごとの使用期限はこちらです。

クリームチーク……6ヶ月以内
リキッドチーク……6ヶ月以内
パウダーチーク……2年以内

チークは大容量なものが多く使い切るまでには時間がかかりがちなアイテムです。

特にクリームやリキッドなどの水分が多いアイテムは雑菌が繁殖する可能性が高いので、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

リップアイテム 3ヶ月~6か月以内

唇も目と同じ粘膜の部分なので、デリケートで肌荒れを起こしやすいです。

また、リップアイテムは潤いを演出するために水分が含まれているアイテムが多いです。

そのため、リップアイテムはどのような形状でも3ヶ月~6か月以内に使い切ることがおすすめです。

使用期限を過ぎても使い続けるとどうなる?

疑問

正直なところ、使用期限を過ぎても使っているコスメをお持ちの方は多いです。

さらに言うと、特に問題なく使える場合もあります。

しかし、問題なく使用できているように見えて化粧品の中で雑菌が繁殖していたり、品質が劣化していたりする場合も。

化粧品は直接肌に使用するアイテムであることから、肌荒れなどの原因にもなりがちです。

特に理由が見当たらないのになぜか部分的に肌荒れがある・繰り返し肌荒れが起きるといった場合は化粧品が原因かもしれません。

捨てるのがもったいないと感じるかもしれませんが、重大な肌トラブルを起こさないためにも定期的にメイクボックスの整理を心がけましょう。

化粧品の使用期限はきちんと守ろう!

化粧品

今回は化粧品の使用期限についてご紹介しました。

化粧品はお顔に直接触れるアイテムなので、常に清潔に保っていたいものですよね。

そのためには使用期限をしっかり確認し、使用期限が過ぎていなくても異変が見られた場合は使用しないことが大切です。

使用期限の過ぎた化粧品は肌トラブルの元になりますので、メイクボックスを整理して気持ちもすっきりさせちゃいましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました♡

コメント