ダイエットに朝ご飯は必須?朝食の必要性やおすすめの朝食メニューをご紹介します!

朝食 Diet

 

こんにちは!竹花みさとです。

 

皆さん、毎朝の食事はきちんと摂っていますか?

朝食を食べることによって、身体にとって嬉しい効果がたくさんあります。

今回はダイエット中の朝食の必要性やおすすめのメニュー、朝食選びの際の注意点などをご紹介していきます。

ダイエット中に朝食を摂ることはメリットだらけ!

朝食

結果からお伝えすると、ダイエット中に朝食を摂ることはメリットがたくさんあります。

朝食を摂らずしてダイエットを成功された方もいらっしゃいますが、身体のことを考えると朝食は摂ったほうが良いでしょう。

 

それでは、ダイエット中に朝食を摂ることの具体的なメリットをご紹介します。

基礎代謝がアップし、エネルギーを燃焼しやすい身体に

夜型で朝食を食べない人は、午前中のうちは体温が上がりにくくなってしまうため1日の基礎代謝量が下がってしまいます。

そのため朝食をしっかり食べることで、午前中の早いうちから体温が上がり1日の基礎代謝量をアップさせることができるのです。

 

体温を上げて基礎代謝量をアップさせることで、1日当たりに燃焼されるカロリーが多くなります。

基礎代謝をアップさせることが、ダイエット成功への近道なのです。

血糖値の上昇を緩やかにすることができる

朝食を抜いてエネルギー不足のまま昼食を摂ると、血糖値が一気に上昇してしまう危険性があります。

血糖値が急激に上昇すると、血糖値を下げる働きをする「インスリン」が過剰に分泌されてしまうことで脂肪を蓄えやすい身体になってしまいます。

また、血糖値が乱高下すると頭痛やイライラ、眠気にもつながってしまう場合があります。

 

朝食を摂って血糖値の上昇を緩やかにすることで正常な体内の動きを促し、健やかな状態で1日をスタートさせましょう。

排便を促す効果がある

一般的に、午前中のほうが午後よりも排便能力が高いと言われています。

朝のうちに便のかさを増やす炭水化物をきちんと摂ることで排便が促され、ダイエットの大敵である便秘を解消することが可能です。

 

また、朝一番にコップ1杯のお水を飲むことで胃腸の働きが活性化されるので、こちらも排便を促す有効な方法のひとつです。

ダイエット中のおすすめ朝食メニュー3選

朝食

朝食がダイエットや健康に良いことは分かりましたが、具体的にどういった朝食を摂るのがベストなのでしょうか?

おすすめの朝食メニューを3つほどご紹介します。

日本の朝の定番「和定食」

朝食といえばごはん!というこだわりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

パンはバターなどを使用して作られているため、脂質が多くあまりダイエット向きではありません。

 

また、和定食に多い「鮭」「卵焼き」などのおかずはたんぱく質を多く含んでいます。

朝にたんぱく質を摂取することで寝ている間に失われたたんぱく質を補給し、体内に栄養素をきちんと行き渡らせることができます。

忙しい朝でも簡単に作れる「洋食プレート」

朝からしっかりした定食を食べたい気持ちはあるけど、忙しい朝に朝食を用意する時間があまりとれない…という方には洋食プレートがおすすめです。

 

先ほど「パンには脂質が多くダイエット向きでない」とお伝えしましたが、選び方を工夫すればパンもOKです。

血糖値の上がりにくい「ライ麦パン」「フランスパン」などのハード系のパンや、「全粒粉パン」「玄米パン」などの色が茶色いパンを選ぶことがおすすめです。

 

食パンなどの白いパンは朝食の定番ですが、血糖値の上がりやすさを示すGI値が高いた、残念ながらめダイエット向きではありません。

パンだけの朝食ではなくたんぱく質を含むスクランブルエッグや、ビタミン類を摂取できるサラダなどをプラスするとGOODです。

サンドイッチにすると手軽に食べられますし、持ち運びもできるのでおすすめですよ。

どうしても時間がないときの救世主「コンビニ」

寝坊して朝食を摂る時間がない!という場合には、通勤中に立ち寄れるコンビニを有効活用しましょう。

コンビニでおにぎりと野菜スープを買えば栄養も十分ですし、サンドイッチもすぐ手に入ります。

1日くらい朝食が摂れなくても落ち込む必要はありません。

あまり根詰めすぎるとストレスが溜まって暴飲暴食に走ってしまう危険性もありますので、たまにはコンビニに頼るぐらいがちょうどいいかもしれません。

朝食選びの注意点は?

パン

おすすめの朝食をご紹介しましたが、反対に気を付けなればいけない食事はどんなものなのかご説明します。

パンだけ、コーヒーだけ、スムージーだけ…の単品朝食

単品メニューの朝食は栄養バランスが偏ってしまうためおすすめできません。

炭水化物、たんぱく質、ビタミン類などがきちんと摂取できる朝食が理想的です。

血糖値を急上昇させる「菓子パン」

菓子パンは血糖値を上昇させる働きを示す「GI値」が高い食品です。

また、トランス脂肪酸という脂質が多く含まれるため、ダイエット向きではありません。

グラノーラなどの「シリアル食品」

手軽に摂取できるシリアルは朝食としてとても人気があります。

全てがNGというわけではないのですが、選び方によっては当分の過剰摂取につながる恐れがあります。

 

砂糖不使用のシリアルやたんぱく質が豊富に含まれるシリアルを選ぶのがおすすめです。

ダイエット中も健康な朝食で爽やかに1日をスタートしよう!

お茶

 

今回はダイエット中に朝食を摂ることのメリットやおすすめの朝食メニュー、注意したい点についてご紹介しました。

 

朝食を摂ることにより、「基礎代謝を上げる」「血糖値の上昇を穏やかにする」「排便を促す」などの嬉しい効果があることが分かりました。

また、朝食メニューは単品や糖質が多すぎるものは避け、定食メニューなどの栄養バランスが取れた食事を摂ることが重要です。

 

ダイエット中にもきちんと朝食を摂ることで体をスッキリと目覚めさせ、気分の良い1日をスタートさせましょう。

 

履くだけイージースリムくびれ骨盤ガードル

コメント