【UVケア】冬にも日焼け止めは必要?その理由は?【紫外線】

日焼け止め Beauty

 

こんにちは!竹花みさとです。

 

秋冬になると、どうしてもUVケアを怠ってしまいがちになりませんか?

春夏は忘れずに毎日日焼け止めを塗っていたのに、涼しくなってくるとついつい日焼け止めを塗らずに外に出てしまうようになった…という方もいらっしゃると思います。

また、レジャー時などで使用するような、SPFやPAが高い日焼け止めを冬でも使用しているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

今回は寒い季節でのUVケアの必要性や、日焼け止めの選び方などについてご紹介していきます。

寒い季節でも日焼け止めは必要?

冬

皆さん気になっていることかと思いますが、結論から申し上げると「冬でも日焼け止めは必要」です。

もちろん真夏ほどではありませんが、紫外線は1年を通して降り注いでいるからです。

紫外線の量は春夏に比べると減りますが、秋冬の紫外線量でも無防備な状態で浴び続けていると肌のダメージに繋がります。

 

また、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツをする際には特に注意しなければなりません。

屋外にずっといるからという理由もありますが、「雪焼け」といって雪に反射する光によって皮膚が日焼けを起こしてしまうことがよくあるからです。

夏と同じ日焼け止めを使ってもいい?

日焼け止め

先述した通り、春夏の紫外線と比べて秋冬の紫外線量は減少します。

そのため、日常生活を送る場合はUVカット効果が非常に高い日焼け止めを使用する必要はありません。

ただし、屋外でのウィンタースポーツを行う場合は春夏と同様程度のUVカット効果がある日焼け止めを使用することをおすすめします。

 

「UVカット効果が高いぶんには問題ないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

現に、1年中最高クラスのUVカット効果を使用して肌を守っている美容家さんもいらっしゃいます。

ただし、UVカット効果が高い日焼け止めは乾燥しがちであったり、強い成分が入っていることで肌荒れを引き起こしてしまったりする場合もあります。

 

そのため、季節ごとに合ったUVカット効果のある商品を選ぶことをおすすめしています。

冬はどのような日焼け止めがおすすめ?

冬

以上のことから、冬には冬用の日焼け止めが必要な理由が分かりました。

それでは、冬にはどういった日焼け止めを選べばよいのでしょうか?

シーン別にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

日常生活の場合(家事、散歩、買い物程度)

洗濯

秋冬は空気が乾燥するため、肌も乾燥しがちになります。

そのため保湿効果が高く、紫外線や乾燥から肌を守ってくれる日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

SPF10前後、PA+程度でも、冬に浴びる紫外線量を考えると十分です。

 

UVカット効果の高さよりも、冬の敏感な肌を守ってくれる保湿力や使用感を重視して選ぶのもよいでしょう。

外で活動することが多い日

横断歩道

仕事で外にいる時間が多い日や、屋外でのイベントなどに参加する日などは、SPF20~30程度、PA++~+++程度の日焼け止めを使用するようにしましょう。

UVカット効果のある化粧下地などを利用すると、毎日メイクの時短にもなるので非常に便利です。

屋外でウィンタースポーツをする日

スノーボード

冬だからと紫外線対策をせずにウィンタースポーツに出かけたら、思っていた以上に日焼けをしてしまった!という経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

先ほども少し触れましたが、紫外線が雪に反射することで「雪焼け」という日焼けが起きてしまう場合があります。

まっさらな雪の上だと、通常降り注いでいる紫外線量の約2倍のダメージを受けてしまう場合もあります!

そのため、SPF35~50+程度、PA+++~++++程度の日焼け止めを使用すると安心です。

 

敏感肌の方はこの限りではありませんが、毎日ではなく特定の1日だけSPFやPAの高い日焼け止めを使用する分には、肌荒れを引き起こす可能性も低いです。

冬の紫外線量に合わせ、万全な日焼け対策を

日焼け

量の違いはあれど、紫外線は1年を通して降り注いでいるため、日焼け対策は1年中行う必要があることが分かりました。

 

夏には紫外線量に合わせ、SPF値やPA値などを重視した日焼け止め選びが必要です。

冬は季節柄乾燥しますので、日焼け止めは自分の肌質等も鑑みながら保湿力や使用感を重視し、その日の行動に合わせたUV対策を行うことをおすすめします。

 

紫外線のダメージが蓄積するとシミやシワの原因になり、結果的に老化のスピードを早めてしまいます。

そのため、きちんと紫外線対策を行い、いつまでも若々しい肌でいられるように努力していきましょう。



コメント